まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【まったり自転車】 コーナンもやるもんだね!風が通る軽量アンダーウェア、その名も「かぜとおる」【ピンとキタ!見た!買った】

暑い。日差しも強い。

 

そんな天候下のサイクリングで、以前ブログで紹介したモンベルの「サイクール ロングスリーブジップシャツ」(以下、サイクールシャツ)はいい仕事をしてくれている。

 

▼ サイクール ロングスリーブジップシャツ の紹介記事はこちら

matapato.hateblo.jp

 

長袖が腕の皮膚を紫外線からガード。しかし、風通しは良いので、熱がこもることもない。

 

さて、そこで多少悩んだのが、サイクールシャツの下に何を着るか。

 

もちろん、素肌の上にサイクールシャツを着ても、悪くはない。モンベルは、サイクールの生地は素肌にも快適であると謳っている。

 

ただ、ね。

 

ライドの最中に、万一、何らかのアクシデントで前ジッパーが壊れたとしたら・・

 

はだけたサイクールシャツをはためかせて、上半身裸で走ることになってしまう。

 

それは避けたい。

 

それを許容するだけの肉体美は持ち合わせていない。

 

また、素肌の上にサイクールシャツ1枚では、状況によって、おなかが冷えそうな気もする。

 

とはいえ、普通のスポーツTシャツでは、暑苦しそう。多少、悩む。

 


と、そんな時に見つけてしまった。ホームセンターの「コーナン」で。

 

▼ この肌着シャツを

f:id:coregore:20180804205015j:plain

 

 

なにせ商品名が「風通」。

 

「フーツー」じゃない。「かぜとおる」と読むw

 

直球ど真ん中のネーミングやね。

 

パッケージの情報から察するに、コーナンのオリジナル開発商品のようだ。

 

サイクリストが大好きな「軽量」アピール商品だ。

 

そして、使ってみると、いい感じ。

 

似たような商品はほかにもあるが、「風通」はとにかく軽い。着心地サラサラ、もちろん風通しも抜群。

 

▼ 生地アップ。ただ、写真じゃ特徴が伝わりづらいな。他の似たような商品と同じような見た目だもんね。でも、違うんだ。

f:id:coregore:20180804205052j:plain

 

▼ 透かしてみるとこんな感じ。洗濯しても、モッサリしたり、表面が荒れてきてチクチクなんてこともない。

f:id:coregore:20180805180947j:plain

 

肌着を着用していることを忘れそうになるが、そうは言っても、上着の下に一枚あると、やっぱり安心感が違う。

 

先日の東京輪行旅行の際も、このサイクールシャツ+風通の組み合わせで走った。

 

クーラーの効いたお店にフト立ち寄っても、凍えることがない。

 

とても気に入った。

 

さらには、この連日の猛暑、酷暑。自転車用アンダーウェアとしてのみならず、通勤にも使えそうだ。

 

リピート購入しようと、本日コーナンを訪れてみた。

 

・・ところが、「風通」特設棚はカラカラ、ほぼ売り切れ状態。夏前は山ほどあったのに。

 

気候の影響で、相当売れ行き好調なんだろうな。

 

別のコーナンにも足をのばしてみたが、そこも在庫僅少。本当は白と黒を何枚か購入する予定であったが、わずか棚に残っていた白2枚を確保するのがやっと。

 

季節商品なので、今年の再入荷は無理だろうか。