まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【立ち寄りカレー】キーマカレー もあ完 <食べ日:2018年9月23日(日)>【姫路】

自転車で、神戸~姫路間往復ライドの際に立ち寄った、姫路のカレー店。

 

実は、事前にチェックしていたのは、別のカレー屋さん。

 

そちらに寄るために、わざわざ姫路市街の外側をぐるっと回るルートを採ったのだが・・残念ながら休業(Google検索では「営業中」となっていたのだが。ま、ありがちだけどね。)。

 

気落ちすると、いっそう腹が減る。とはいえ、気持ちはすでにググッとカレーに傾いている。

 

とりあえず中心街に向かえば、ほかにも旨そうなカレー店はあるにちがいない。

 

すきっ腹のままペダルを踏み続ける。姫路城に近づいたあたりでスマホ検索すると、「和牛キーマカレー」のお店が表示された。こちらもGoogleマップには「営業中」と表示されている。

 

たのむで、Googleマップ

 

そしてほどなく店舗所在地に到着。かなり年季の入ったビルだ。しかし、その周囲をくるっと一回りしても、カレー店らしきものは見当たらない。

 

「おっかしいなあぁ。このビルのはずやのに」と思いつつ、ビルの裏側をよくよくみると、こんな看板が。

 

▼ 看板は見つけたけど、「和牛キーマカレー弁当」と書かれている。

f:id:coregore:20180929203744j:plain

 

ええっ?ひょっとして仕出しお弁当屋さん?普通のカレー店じゃないの??

 

・・いやいや、まてまて。「キーマカレー」専門の仕出し弁当専門店なんて、ありえるのか?

 

いや、それはないだろ。

 

カレー店が弁当も販売しているといったところじゃないのか。

 

ビルの中に、店舗があるんじゃないか?・・そう思い、建物の中に歩を進める。

 

▼ ちょっと入りにくい雰囲気のビル入口。

f:id:coregore:20180929203936j:plain

 

すると、ありました~!

 

▼ 日曜不定休! それにしても、開いててくれて、ありがとう。

f:id:coregore:20180929204000j:plain

 

それにしても場所、わかりにくすぎるわ~!


お店のドアを開けると、いきなり目に入るレジカウンター。そこに、店主と思しきおっちゃんが立っている。視線を横に転じると、4人掛けのテーブルがあるのみ。

 

「イートインですか?」と尋ねられる。

 

「ええ!?てことは、やっぱりキーマカレーのお弁当屋さん??」と驚愕しつつも、顔にはださず、「はい」と静かにこたえてテーブルにつく。


すぐにでてきたお冷・・なぜ群青色のペットボトル入り??・・を飲みつつ、しばし待つ。

 

カウンター奥では、先ほどの店主さんによる、かなり本格的な調理が行われている気配。

 

途中、「パクチーはどうしましょう?いれますか?」と聞かれる。とりあえず入れてもらうようお願いする。

 

そして、ティーカップに盛られたミネストローネが先にでてきた。うむっ??

 

とくにメニューにはその旨記されておらず、不意を突かれた思い。

 

そしてほどなく、おまちかねのキーマカレーがでてきた。

 

▼ テーブル上はこんな感じに。カレーが少量なのではなく、皿が大きいのだ。

f:id:coregore:20180929203359j:plain


「カレーが辛ければ、ミネストローネの具だけ食べて、スープをカレーにかけて中和してください」との説明あり。

 

そんなに激辛?と警戒しつつ食べるも(私はカレー好きだが、あまりに辛いのは苦手)、そんなことはない。比較的マイルドな辛さといえようか。

 

それにしてもキーマの噛み応えがすごい。ブキュブキュっとしている。さすが、和牛をウリにするだけのことはある。

 

ミネストローネもギッシリ具だくさん。カップの中身はほとんど具といっても過言ではない。かわいらしい見た目からは想像できないボリューム感。

 

この作りこまれたセットで750円は安い。そう思えるクオリティであった。

 

それにしても、最初から最後まで意表を突かれっぱなし。

 

自身初の自転車100kmライドの旅に、忘れ得ぬエピソードを付け加えてくれた。

 

 

 

同ビルすぐ横にお肉屋さんがあったので、ひょっとして、そちらが営業母体なのかな?