まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【神戸カレー】Gourmet an an <食べ日:2018年10月7日(日)>

自転車で、時折山麓線を走るたびに、その看板が気になっていた。

 

板宿側から神鉄長田の丘に登り、夢野台の方面に進むと、この看板が見える。

 

▼ ちょっと気になる看板と店構え。

f:id:coregore:20181014210603j:plain

 

前を通るたびに「いちど食べてみたいな」と思ってきたが、いつも営業時間外(自転車で出かけるときは早めの時間が多いので)、あるいは営業日外であった。

 

なにせこのお店、金・土・日曜日の週3日しか営業していないようなのだ。


▼ 祝日に訪ねたけど、閉まっていた、なんてこともあったっけ。その時の看板。

f:id:coregore:20181014210642j:plain

 

さて、この日は自転車でひよどり台の坂を登ってそのまま谷上まで赴き、有馬街道経由で帰ってきた。アップダウンの連続で体力を使ったが、あれっ!?軽い朝食のあとは、コンビニで購入した一口ようかん一本しか食べていない。

 

遅まきながらそのことに気付くと、急激に腹が減ってきた。そして、その時に、このお店のことを思いだした。

 

「今日は日曜日。でも、すでに14時。お昼の営業はすでに終了・・なんてことはないかな?」と思いつつ寄ってみると・・ラッキー!開いていた。

 

店構えと同じく、お店の中も、カジュアル・レトロでアットホームな雰囲気。

 

席は、7~8人掛けの大きな楕円形のテーブルのみだ。

 

「なんにしましょ~」と気さくなおばちゃんが注文を聞いてくる。

 

プラス50円で大盛もできるということなので、カレー大盛を注文。

 

「カレーは一番人気でね~。今日は25皿も出たんよ~」とのこと。やや驚く。

 

お店のロケーションは小高い丘の上。住宅地ではあるが、駅からやや離れており、商店街など人通りが集中する場所でもない。おそらく周りにファンがたくさんいるのであろう。

 

カートリッジタンクのお冷を、何杯もセルフお代わりしつつ、待つことしばし。カレーがファンシーなトレイに乗ってやってきた。

 

▼ポテト・ブロッコリーの付け合わせに、バナナ、ミニトマトまでついている。

f:id:coregore:20181014210956j:plain

 

さらに、「大盛やから、これもおまけ」とポテトサラダの小皿もでてきた。

 

カレーは洋風系で、特徴のある甘口。

 

若干ハヤシライス方面に振ったような、やさしい味わいである。

 

そして、しっかり煮込まれた牛筋肉がトロッッッと、とろける。

 

疲労した体、空腹の胃袋に染みた~~。