まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【神戸カレー】六甲山牧場 レストハウス <食べ日:2020年11月22日(日)>

自転車で、六甲山の「逆瀬川コース(宝塚市側からの登り)」を初めて走った日のこと。

 

のろのろ、よたよた。

 

しかし、曲がりなりにも「関西ヒルクライムの聖地」を登りきった。

 

よっしゃ。ごほうびに、カレーを食べよう。

 

 

 

さて以前(さかのぼること約9カ月)、再度山ドライブウェイ側(神戸側)から登った時に、六甲山牧場のレストハウスに立ち寄ったことがある。

 

その際「メニューにカレーがある!」と気付いた。

 

しかし、当時はライド序盤であり、山頂エリアを走り抜けるのが目的だったため、ソフトクリームだけ味わって、先を急いだ。

 

▼ その時の記事

matapato.hateblo.jp

 

 


しかし、今回は逆側から来た形なので、ライド終盤にあたる。

 

坂を登ってエネルギーを使い果たしたので、ハラも減っている。カレーを食べるにふさわしいシチュエーションだ。


山頂エリアの神戸側まで走り、六甲山牧場にピットイン。

 

 

やや時間が早い(10時半ごろ)ため、フードコートが営業しているのか少々心配だったが、問題なくオープンしていた。

 

さて、牧場ということで、カレーに加えて、名物のカップ牛乳も注文。

 

先に牛乳を受取り、カレーの番号札を渡されて、出来上がるまで待つことしばし。

 

ようやく六甲山牧場のカレーを食べる瞬間が訪れた。

 

f:id:coregore:20201213221214j:plain

とにもかくにも、ライド目的達成後のカレーはうまいですわ。

 

容器は使い捨ての薄いプラ製。一見小さく見えるが、深さがあるね。

 

それを先割れのプラスプーンで食べる。

 

ふむ、スタンダードな欧風カレーで、しっかり味が濃い。

 

とろりとしたルーに、小ぶりながら脂身つきビーフ

 

とんがったところがないカレーなので、安心してホクホク食べられる。

 

ライド途中で腹が減っているときは、そういう「安心カレー」のほうがうれしい。

 

 

さらに、思った。

 

カレーと牛乳って、意外と合うね。

 

考えてみれば、インド・ネパール系のカレーのお店では、チャイ(ミルクティー)やラッシーなど、牛乳にまつわるドリンクがセットでついてくることが多い。

 

牧場ならではの味の濃い牛乳と、相性が良いのも当然か。

 

次、六甲山牧場に来たら、またこのコンビでカレーを食べよう。

 

そんなことを考えつつ、六甲山牧場を後にし、神戸の街へと坂を下っていった。

 

 

f:id:coregore:20201213221456j:plain

 

 

チーズなどもお土産品として定番らしいね。

 

神戸ワインに合いそうだな。次来たときには、買って帰ろう。