まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【神戸カレー】神戸浪漫 <食べ日:2020年12月26日(土)> 【三宮】

年末の買い物のため、この日、久しぶりに三宮にやってきた。

 

時刻は昼過ぎ。

 

ランチを求めて、センタープラザ地下階をさまよう。

 

ブラブラ、フラフラ。

 

うむ、それにしてもだ。

 

この神戸を代表する一大飲食街のセンタープラザ地下にも、コロナ騒動の影響あらわだな。

 

残念ながら、閉店したお店も散見される。

 

灯の消えている元店舗がそここにに。寂しい限りだ。

 

しかし、そんな逆境の中でも、変わらずこの地で地道に営業しているお店も、当然存在する。

 

今年の「グツグツ神戸カレー」記事の締めくくりとして、そんな神戸伝統のお店で食べよう・・そう思った。

 

センタープラザ地下のメイン通り(でいいのかな)を西に向かうと、カレー店が4件ほど集まっている区画がある。

 

そんな中の一店舗「神戸浪漫」。

 

f:id:coregore:20201229212619j:plain

看板の「洋食・カレー」、そしてショーケースのたたずまいがいいね。

 

店名、店構えからわかるように、レトロ感のある・・いや、店内はレトロそのものな雰囲気だ。

 

センタープラザの店舗紹介板では「先代から受け継いだ味」といった感じで紹介されていた。まさに神戸の老舗カレーだ。

 

テーブル席もあるが、ひっそりカウンターのすみっこに座り、基本の「ビーフカレー」を注文。

 

出てきたお皿は真っ白、まんまるの平皿。

 

f:id:coregore:20201229212729j:plain

付け合わせはセルフサービスの福神漬けとらっきょう。お好みに応じてガラムマサラ

 

ホクホクとコワ目のごはんは私の好みだ。うれしい。

 

比較的サラサラのルー。

 

ビーフはとろける系ではなく、赤みがほろっと崩れる系。

 

グツグツ煮込んだ感はあるが、「がんばりました」感をひけらかさない、素直でプレーンな味。

 

甘口でもなければ、スパイシーでもない。

 

福神漬けとらっきょうが実によく似合う、ホッとする味。

 

スプーンが進む。

 

周囲には個性強めのカレー店もひしめくが、長らくベーシックに人気を保ち続けるのは、こういうカレーなのかもしれない。