まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【神戸カレー】バグース・マカーン <食べ日:2021年2月20日(土)> 【深江】

「ちょっと暑いくらいだな」

 

用事があって甲南山手に出向いた私は、そう感じた。

 

急に春めいてきた。数日前の寒さがウソのようだ。

 

天気もいいし、こんな気候であれば、本当なら自転車で向かいたかった。

 

しかし、膝の状態に不安定感が残っているため自重。電車でやって来た。

 


用事が存外早めに終わって、まだ正午前。時間もあるし、せめてもの運動として、ゆるゆる散歩でもするか。

 

そうだ、以前東灘エリアの阪神沿線を折り畳み自転車でポタした際、カレー店を見かけたことを思いだした。

 

そこで昼飯としよう。

 

目的のお店を目指して、JR沿線からブラブラと南下。阪神沿線を目指す。

 

阪神深江駅のすぐそばに、そのお店はあった。名前は「バグース・マカーン」という。

 

f:id:coregore:20210221222109j:plain

階段を上がった2階にある。

壁面にメニュー写真が沢山貼られているので、一目でカレー店と分かる。

 

ややマニアック感のあるお店の外観、エキゾチックな響きの店名から「インネパ系?」と思われるかもしれないが、日本式(?)のカレーライスのお店だ。

 

f:id:coregore:20210221221841j:plain

中に入ると、大きな窓から外光が差し込んでいる。

ウッディなインテリアも相まって、明るいカフェといった感じだ。ちょっと意外。

 

テーブルのPOPが推している「ぼっかけカレー」を注文する。

 

窓際のカウンターテーブルにて、駅前の交差点の風景を見ながら、待つことしばし。

 

f:id:coregore:20210221221944j:plain

ぼっかけカレー登場。

ちなみに「ぼっかけ」というのは、牛すじとコンニャクの甘辛煮込みのこと。

神戸の長田界隈のソウルフード


テーブル上の付け合わせ3種(福神漬け、らっきょう、ドライレーズン)それぞれをパラパラと盛り付けてから、食べ始める。

 

うむ。

 

これはうまいな。

 

マイルドなタイプのカレーだが、深い色のルーのイメージ通り、しっかりとコクがある。

 

しかし、くどくない。

 

年期が入り、カドがとれて、まろみを増したカレー。そんな味だ。

 

そこに、ぼっかけの甘辛がほど良いアクセント。

 

つけあわせのらっきょうが、ことさら合うね。さらに乗せる。

 

デフォルトで付いている玉子は、裏面カリカリ気味のサニーサイドアップ。黄味はとろりといい感じ。

 

あっという間に平らげてしまった。

 

「辛口で」と注文している人も見かけたが、それも美味しいかもしれないな。

 


今年初の「神戸カレー」記事として、幸先の良い一皿に出会うことができた。満足まんぞく。