まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【まったり自転車】やるやんけ! 100均パッチ

前回の【まったり自転車】で、リムテープを交換した話を書いた。

 

その中で、リムテープの劣化が原因で、新品のタイヤチューブを、わずか2日でパンクさせてしまったことについても触れた。

 

このパンクしたチューブ。さすがに捨てるには惜しい。なにせ、穴以外、新品だもん。

 

そうなると、パッチ補修か。

 

そこで、フト思い出した。ずいぶん前、パッチ補修したものの、その後ほったらかしにしていたチューブのことを。

 

 

 

 

 


時は2年ほど前、タイヤが尖った異物を踏みぬいてしまい、短期間で新品チューブに穴があいたことがあった。

 

その時も「チューブもったいね~」と思い、パッチ補修を試みた。

 

まず、普段ツールボックスに忍ばせているパナレーサーのパッチで補修した。しかし、すぐに空気漏れを起こすようになってしまった。

 

f:id:coregore:20211010202248j:plain

これがパナレーサーのパンク修理キット。
白い半透明シートのようなものがパッチシール。薄くて柔らかい。裏に糊もついている。
パンク箇所を添付の紙やすりでこすってならした後に、シールをペタッと貼れば補修完了。
お手軽簡単。その反面、耐久性に欠ける。あくまで応急処置用品といった感じだ。
ちなみに Made in USA

 

▼ 一応、Amazonリンクも貼っておこう。

 

 

そこで、当時、たまたま100円ショップのCAN★DOで見つけたパンク修理キットを試してみた。

 

f:id:coregore:20211010202521j:plain

パッチ各種に、ゴム糊チューブ。定番の紙やすり片。
さらに金属製のタイヤレバー等まで付属。これで100円は安いな。
(ちなみに写真は購入当時撮影したもの。今も同じものが売られているかは不明。)

 

こちらは、ゴム糊でパッチを貼り付ける本格的なものだ。パッチも厚手で丈夫そうだ(材質はちょっと硬め)。

 

チューブからパナレーサーのパッチを除去し、100均パッチを貼り付けた。

 

100均パッチがロードの高圧に耐えられるのか不安に思いつつ、ゆっくり空気を入れたが、漏れは見られない。

 

「これ、使えるんじゃないか?」一時はそう思った。

 

しかし、たまたま同時期に、ある自転車本で「ロードバイクタイヤチューブは、パンクしたら新品に変えるのが無難」という記述に遭遇してしまった。

 

融通無碍な私は「安全性にかかわるものだし、やっぱり新品を使うべきかな」と考えを変更。100均パッチで補修したチューブは使わずじまいで、ツールボックスの奥で眠ることになった・・。

 

 

 

 

 

あれから2年。このたびのリムテープパンクで、上記の100均パッチのチューブのことを思い出してしまった。

 

まず、試しにそいつを使用してみよう。そして大丈夫そうなら、件の2日でパンクしたチューブも100均パッチ補修しよう。

 

そう考え、ツールボックスの奥で2年間眠っていた補修チューブを引っ張り出た。

 

f:id:coregore:20211010203131j:plain

あれから2年。パッチははがれることなくしっかりと貼りついている。

 

そしてロードの前輪に装着。

 

空気を入れると、しっかりと高圧まで入る。

 

これ、いけるんじゃね?

 

そして、おそるおそる近場を走ってみたのが先週のこと。

 

問題なかった。

 

そして、今日は60㎞程度の距離を普通に走ってみた。

 

いけるいける。

 

100均パッチ、やるやんけ!

 

 

この100均パッチ補修、どの程度持つのか、このまま様子を見つつ乗り続けよう。

 


(※注意:まだまだ実験中なので、決して100均パッチを推奨しているわけではありません。特に高速走行を専らとする人は、危険性を伴う可能性があるので、マネしないほうが良いと思う。)