まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【まったり自転車】 国道175号完全走破 Part3(全3回)~ 完走翌日のオマケ的ライドで良い景色に出会う <乗り日:2021年11月21日(日)>

舞鶴の、オーシャンビューなホテルで一泊。

 

 

さて翌朝。

 

当初の予定では、朝にクロネコヤマトの営業所まで出向き、自転車を「サイクリングヤマト便」で送り返し、身軽になって早々帰途につく予定であった。

 

しかし、実家から「せっかく舞鶴に行ったのなら干物を送ってほしい」という連絡が入った。そこで、急遽西舞鶴にある、水産物特化型道の駅「とれとれセンター」まで出向くことにした。

 

ただ、昨日通った西舞鶴~東舞鶴のダラ丘ルートは自転車で走りよい道ではなかった。そこで、他のルートを探るべくスマホ地図を見ると、海岸線沿いの道路が目に付いた。

 

ホテルを出て輪行袋から自転車を取り出した私は、とりあえずそちらに向かってみた。

 

海岸沿い道路への入口にさしかかると、なんと!そちらに向かってサイクリングコースのブルーラインが引かれているではないか。

 

f:id:coregore:20211128151942j:plain

団地へと向かう何の変哲もない小さな坂に、突如ブルーラインが現れる。

青い線に沿ってしばらく走ると、サイクリングコースぽい雰囲気になってきた。これは期待できるのでは?

 

f:id:coregore:20211128152108j:plain

朝の時間帯だからか、車はあまり入ってこない。
トンネルがあるが、その中の車道にもブルーラインが敷かれている。


トンネルを抜けると海辺に出る。すると、舞鶴湾名物の「雲海」「海霧」というほどではないが、海上に低い雲がたなびいているのが見えた。

 

f:id:coregore:20211128152934j:plain

山を取り巻く形で雲がふわりとたゆたう。

f:id:coregore:20211128152430j:plain

幻想的にも思える情景が海上に広がる。

f:id:coregore:20211128152444j:plain

はたまた、こんなに風情のある船着き場の景色も見ることができた。

 

景観的には、今回の自転車旅行中で一番の大当たりといえる。これを見ずに、さっさと帰ってたら大損だったよ。

 

その後「とれとれセンター」から干物を実家に発送。ついでに遅い朝食として、イカ焼きを食べる。

 

f:id:coregore:20211128152504j:plain

本日の朝食!

 

さて、まだ午前10時過ぎだ。そして、先ほどサイクリングコースを走ったことにより、もう少し走りたい気分になってきた。

 

再びスマホで地図を見る。西舞鶴から南下する国道27号、その先にある綾部という町が目に留まった。距離にして20㎞ほどか。

 

よし、今日はそこまで走ってみよう。そう決めて、西舞鶴の町を後にする。

 

国道27号は、最初のうちは路側帯も、自歩道も概ねしっかりしている。どちらを走ってもいいかんじ。

 

途中からそれも怪しくなってくるが、昨日に引き続き、危険そうであれば自歩道のパターンで進む。

 

f:id:coregore:20211128152614j:plain

足に疲れは感じるが、ゆ~るゆる行こう。

 

山村をつなぐように走る27号は、昨日走った175号よりも景色の変化がある。

 

気分次第のペースで流しつつ、午後12時半過ぎにJR綾部駅に到着。

 

f:id:coregore:20211128152648j:plain

綾部市は人口8万人ほど。盆地に位置する、小さくて、本当に静かな町。
ちなみに、衣料メーカー「グンゼ」発症の地として知られる。

 

この町で昼飯を食べて、しばし休息。その後、中心街と思しきあたりをくるっと回ってから駅に戻り、自転車を輪行袋に入れる。

 

電車の本数は驚くほど少ないが、京都まで特急が通っている。先ほど小さな本屋さんで買った書籍を読みつつ、駅で1時間の特急待ち。

 

体が冷えてくると、昨日落車の時についた手がちょっと痛く感じる。

 

念願のコース(プラスアルファ)の自転車旅を走り切った充実感はあったが、あの落車とケガが余計だったな~。

 

途中、気のゆるみがあったかな。反省。

 

ほろ苦の気持ち混じり、ライド後、駅舎での昼下がりであった。

 

国道175号完全走破 完)

 

【まったり自転車】 国道175号完全走破(全3回) <乗り日:2021年11月21日(土)~22日(日)>
Part1: そして私は丹波で飛んだ
Part2: 逡巡の山間路、舞鶴の夕暮れ
Part3: 完走翌日のオマケ的ライドで良い景色に出会う ★このページ★