まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【神戸カレー】どんぶり屋 いち松 <食べ日:2022年5月24日(火)> 【平野】

その日、私は国道175号を車で走っていた。

 

所用あり、休みをとった平日。用事を済ませて、ちょうど正午ごろ。

 

昼飯にするか。

 

そこで、スマホでカレー店を探すも、近くに該当するお店は見当たらない。

 

しかし、それであきらめるのは早計というもの。

 

カレーはいろんなお店に潜んでいる。

 

茶店洋食店、うどん・そば店、などなど。

 

メニューにカレーがありそうなお店はないかないか・・と考えながらゆるゆる走っていると、「どんぶり屋」を謳うお店の看板が目に入った。

 

ここだ!

 

そう感じた私は、とっさにウインカーを出して、お店の駐車場に入って行った。

 

意外と広い駐車場は、お隣の焼き鳥屋と共用なのかな?

 

奥の方はなぜか洗車場になっており、スプレータイプの洗車機、さらにはガソリンスタンドにあるような大型洗車機がフル稼働してる。変わった多角経営だな。

 

それにしても駐車場、やたら混んでいる。ロードサイドのお昼時。しかも飲食店2店舗+洗車場だもんな。どんどん車が入ってくる。なんとか空きを見つけて滑り込む。ふう。

 

さて、カレーを期待しつつ、いそいそとお店に入る。

 

カウンター席につき、メニューを覗くと、果たしてカレーは・・ありました~!

 

ノーマルのカレーはなく、一番安いのがカツカレー850円か。

 

その下には、ややっ、「神戸牛すじカレー」というのを発見(ちなみに 1,080円)。これにしよう。大盛無料とのことなので、お願いする。

 

おいしそうな名前につられて注文してしまったが、このカレーは「神戸牛のすじ肉」が入っているのか。それとも「神戸風」に牛すじ肉をフィーチャーしたカレーなのか(いわゆる「ぼっかけカレー」的なものだろうか)・・はてさて。

 

そんなことを考えているうちに、お盆に乗ってカレーがやってきた。

 

「神戸牛すじカレー」大盛。でっかいどんぶりを埋め尽くす、迫力の一皿!
しかもサラダつき。

 

これは食べでがありそうだ。大きなスプーンでガッツリすくい、まず一口。

 

ほむ。ややデミグラスな風味を感じる、おちついた味わいのカレー。スパイシーな辛味はほとんどない。

 

そしてコロッコロとたくさん入っている牛すじを食べると、期待通りのにゅるんとした食感。味わいは・・おでんの牛すじに近い!

 

ぼっかけカレー」とは全く別種の一皿であったが、これはこれで面白い味の組み合わせだ。

 

ガッツリぱくぱく、わしわしと一気に食べてしまえる、どんぶり飯としてのカレー。

 

サラダはキャベツ・レタスに加えてごぼうが乗っている。ごまドレで味わうシャキシャキ感が、ボリューミーな「どんぶり飯」の良いアクセント。

 

いやあ、昼から食った。たらふく食った。

 

食事と洗車を一度に済ませたい人にはピッタリの営業形態。