まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【まったり自転車】完成車デフォルトタイヤ、とうとう寿命尽きる

最近、そこそこの頻度で、前輪のパンクが続く。

 

しょっちゅうというわけではないが、3か月程度のサイクルでパンクが発生。

 

先々週のライドでは、スローパンクに見舞われたっけ。

 

これは困る。

 

そこで原因を探り、気がついた。

 

タイヤが劣化しているのではないかと。

 

 

 

たしかに、前輪タイヤの表面をよく見ると、かつて負った小さな貫通痕をはじめ、キズの類がポツポツ見受けられる。

 

こういうキズは、どうやって補修すればよいのだろう。

 

対応方法をネットで検索していると、個人の方のブログで「セメダイン スーパーX ブラック」が良いという情報を見つけた。

 

そこで、昨日のライド中、西神南カインズホームセンターに立ち寄り、このボンドをゲット!

 

 

「帰ったら、さっそくこのボンドで貫通痕をふさいでやろう。ふふふ」

 

そう思いつつ、真夏の晴天のもと、西神戸エリアをぐるっと周り、最後は暑さにヘバりつつ自宅にたどり着いた。

 

さて、ロードバイクを家に入れるにあたり、いつものようにタイヤを拭こうとしたときに、その異常に気が付いた。

 

最も目立つ貫通痕まわりのタイヤ表皮がさらに剥げ落ち、さらに周りがブニュッと膨らみ、いびつな形になっている。

 

これはちょっとヤバいな。

 

よく帰宅まで持ちこたえてくれたもんだ。

 

せっかくボンドを買ってきたが、これは補修とか言ってられるレベルじゃないな。

 

早いとこ、タイヤを買い替えないと。

 

 

 

それにしても、このタイヤ、いつから使っているのだろう。

 

気になったので、ネットの注文履歴を調べたところ、タイヤを買ったのは、たった一度だけだ。

 

ロードバイクの完成車を手に入れたのが2017年末だが、その約2年半後の2020年6月に、完成車についていたものとおなじタイヤ「MAXXIS RE-FUSE(マキシス リフューズ)」を購入ている。

 

たしかその時は、減りのすくない前輪のタイヤを後輪に付け替え、前輪に新たなタイヤを履かせた。

 

その後、やはり後輪のタイヤの減りが目立ってきたので、前後のタイヤを入れ替えたと記憶する。

 

ふ~む。そうすると、今前輪についているタイヤは、ロードバイクを買った時に、完成車に元から付いていたタイヤってことか。

 

なんだかんだと、4年半以上も使ってきたのか。良く持ちこたえてくれたものだ。

 

この丈夫さに敬意を表して、次買うタイヤもMAXXIS RE-FUSEでいこう。