まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【まったり自転車】100均パッチ その後の経過

急に寒くなった。

 

そのせいか、プチ体調を崩し気味に。昨日土曜日に計画していたライドはとりやめ。

 

その後、すぐに体調は戻ったので、今日は買い物をかねて、ロードで近場を走ってきた。

 

ほんの先日まで、信号ストップで止まると、照り付ける日差しに夏の名残を感じたものだ。しかし、今や止まると肌寒かったりする。

 

近年は「秋がなくなった」とよく言われるが、今年は殊に季節の転変が早すぎる。

 

今日から春秋用のウェアに変えたのは、正解だった。

 

まあ、止まるとやや肌寒くらいが、体感的には一番走りやすいような気もする。坂を上っても、汗だくになることもないし。

 

 

 


ただ、そうやって軽快にペダルを踏みながらも、常にちょいと気になるのは、前輪の状態。


前回の自転車記事で書いたように、前輪のタイヤチューブには、100円ショップで入手したパンク補修パッチが貼られている。

 

▼ 前回の自転車記事

matapato.hateblo.jp

 

 

おそらくはママチャリやシティサイクルを想定したパッチであろうし、何より安物だ。

走っていても、一抹の不安が頭の片隅に残っている。

 

しかし、今のところ、特に問題は生じていない。普通に走れている。

 

また、私はいつも、ライド前に空気を入れ、乗り終えた後は、少しだけ空気を抜いている。

 

この空気の出し入れを数度行ったが、チューブの伸縮にも耐え、空気漏れは起こっていない。

 

パッチはしっかりと貼りついてくれているようだ。

 

うむ、やはり100均パッチ、思った以上に使えるな。

 

他にも穴の開いたチューブが手元にあるので、そいつも100均パッチで補修してやろう。

 

ただ、2年前に購入した100均パッチセットに付属のゴム糊は、既にカピカピだ。

 

そこで、今日のライドの途中で、ホームセンターに寄ってゴム糊を購入。

 

f:id:coregore:20211024201332j:plain

ホームセンター自転車小物の定番メーカー「マルニ工業」製



 

 

チューブの経年劣化によるパンクなら致し方ないが、単なる穴あきパンクの場合、今後パッチとゴム糊で補修して使い続けようかな。

 

そうすれば、装着分と予備の、最低限2本のチューブを、順繰りに補修しつつ使いまわせるということだ。

 

これがうまくいけば、チューブの寿命をずいぶんと伸ばすことができる。

 

そもそも、ロードの買い替え頻度の高いパーツといえば、まずチューブだ。

 

他に目立った消耗品といえばタイヤ程度か。

 

でも、タイヤなんて、私程度の走行距離であれば、前後のローテーション(後輪の方が摩耗が早いので、適当な時期に前輪とタイヤを取り替える)さえ行えば、それこそ年単位で利用可能だ。

 

ロードバイクはお金がかからない趣味だと思っていたが、これでさらにエコノミーになるな~。


(※注意:個人的に「使えるかな~」と思って試しているだけで、決して100均パッチを推奨しているわけではありません。特に高速走行を専らとする人は、危険性を伴う可能性があるので、マネしないほうが良いと思う。)

【神戸カレー】 喫茶トマト <食べ日:2021年10月20日(水)> 【西神中央】

平日に仕事の休みを取り、年老いた親の通院の付きそいで西神中央の中心街を訪れた。

 

その合間に、少々早い昼飯を取ることになり、開いているお店を探した。

 

ほどなく、市の出先機関が入っているビル「神戸市西区文化センター」のまわりに、ランチをアピールするのぼりが立っていることを発見。

 

どうやら1階に軽食も取れる喫茶店が入っているようだ。

 

軽食といえば、カレーもあるのではないか?

 

そう考えてビルに入り、1階ロビーの奥にあるお店に向かう。

 

すると、そこには、喫茶店のようだが、定食屋のようでも、居酒屋のようでもある一風かわったお店があった。

 

f:id:coregore:20211023130923j:plain

1階の奥まったところにある。いろいろと手作り感のある店構え。

「喫茶コーナー」という館内表示があり、入口付近のディスプレイは、ソフトクリームを推している。

 

しかし、その横にはランチメニューを手書きしたボードが複数立てかけられている。

 

さらには、アサヒスーパードライのパネルが掲げられ、とどめとばかりに赤ちょうちんまでぶら下がっている。


元は喫茶店であったものが、独自の進化を遂げ、食堂・居酒屋を兼ねるハイブリッドスタイルにいきついたと思われる。

 

独特の入口外観にやや気おされつつも、入店。

 

窓際の席につき、メニューをみると、やはりカレーある。550円か、安いな。

 

飲み物は食事と一緒に頼むと100円引きらしい。ついでにアイスコーヒーも注文。

 

窓際の席で、道行く人を眺めながら、カレーを待つ。

 

そして、到着したカレーがこちら。

 

おお、しっかりと煮込まれた感のあるルーの色。

 

正直、出来合いぽいカレーが出てくることを予想していたので、これは良い方向に裏切られた。

 

f:id:coregore:20211023131015j:plain

淡い桜色があしらわれたお皿に、褐色でトロリ感のあるルーが揺蕩う。
添えられた福神漬けの赤が映える。

 

お皿はやや小ぶりかな。このあたり、お店本来の姿である「喫茶店」としての、軽食メニューであることがうかがえる。

 

食べてみると、スパイス系の刺激とは全く無縁な甘口カレー。

 

しかし、酸味の効いた、深くて濃い味わい。

 

細かくサイの目切りされたジャガイモ、ニンジンがくたっと煮詰められて、ルーの中に潜んでいる。

 

専門店の本格欧風カレーや、ヒリヒリなスパイシーなカレーとはちがう。

 

かといって、家庭カレーともちがう。

 

いわば食堂系カレー。

 

こういうカレーも好きだな。

 

早めの時間ゆえ、さほどおなかはすいていなかったにもかかわらず、一気にパクパクたいらげてしまった。

 

【神戸カレー】スパイスドリーム 神戸店 <食べ日:2021年10月8日(金)> 【三宮】

朝ごはん抜きで、年に一度の胃カメラ検診。

 

無事検査を終えて、胃腸内科医院を出る。

 

検査の前に打たれた麻酔が残っているせいか、頭がボーっとする。

 

こういう時は、ホットでスパイシーなカレーで、頭と胃袋に活を入れたい。

 

そこで、以前から気になっていたカレー店を訪れることにした。

 

三宮に出て、カレー店が集う、センタープラザの地下街を目指す。その中でもディープ色のある西側の奥のほうにそのお店はある。

 

その名を「スパイスドリーム」という。

 

ネット上の情報では、なんでもカレーが爆安らしい。

 

これまで何度か足を運んだことはあるが、いつもお店は閉まっていた(おそらく新型コロナ緊急事態宣言の影響であろう)。

 

緊急事態宣言期間も終了したわけだし、再開を期待しておとずれてみると・・おお!開いていました~♪

 

f:id:coregore:20211017122617j:plain

インパクト十分な店舗外観。スパイシーホットなカレーであることが一目でわかる。

 

さて、ドアをくぐると、そこには券売機が。

 

カレーの種類としては、基本的に「黒カレー」と「黄カレー」というのがある。そして、その相がけの「ドリームカレー」というのがおすすめとあるので、そいつの大盛をチョイス。

 

そして券売機にお金を入れようとするが、価格がおかしい。

 

カレーは390円のはずが、200円。大盛100円のはずが、50円とな!?

 

後でわかったが、1周年記念ということで、3日限定の特別価格らしい。

 

支払金額が250円だと、ラッキーというよりは、なんだか申し訳なさが先に立つなあ・・

 

罪悪感に浸っている私の前に、2色のカレーを乗せた銀の船皿がやってきた。

 

真ん中にこんもり盛られたごはん。その上にはみじん切りのピクルス(ラッキョウ?)が乗せられている。

 

f:id:coregore:20211017122751j:plain

ごはんに分断された船皿には、黒と黄、それぞれのルーが満たされている。

 

全くのプレーンカレーで、ルーには具がない。おそらくトッピングで変化をつけるスタイルのカレーなのだろう。

 

本当は、トッピングや、サイドメニューのサラダも頼みたかったのだが、券売機の操作方法が良くわからず、まあいいやとカレー+大盛オプションだけ注文してしまった。後悔。

 

気を取り直して、まずは、マイルドらしい黄のほうからスプーンをつける。

 

一口食べると・・ふむっ!結構辛い。

 

マイルドでこれだけ辛いとすると・・おそるおそる黒も一口。辛っ。

 

私はあまりに辛いのは苦手だが、自身の許容レベルのギリギリ上端といったところをついてきたな。

 

ふほっ、ふほっ、と熱い息を吐きながら食べる。

 

まあ、トッピングがあれば、また一味違うかもね。

 

でも、辛いカレー好きにはたまらないだろうなあ。何せテーブル上には、辛味スパイスも置いてあったし(さらに辛くするのかよ)。

 

ま、麻酔でボーっとする頭はシャキッとさせることができた。

 

午後から気合を入れたい三宮のビジネスパーソンにはおすすめかも知れない。

 

 

「神戸店」とあるが、スパイスドリームの第1号店であり、最近まで唯一の店舗であった模様。

 

公式サイトによると、最近、第2号店が東京の武蔵境にできたらしい(本記事記載時点)。

 

今後手広く展開するかもしれないが、神戸ローンチということで「神戸カレー」カテゴリで良かろう。

 

▼ 公式サイトショップリスト

spice-dream.com

【立ち寄りカレー】【大阪】CURRY & GRILL 葡萄匠屋 <食べ日:2021年10月7日(金)>【梅田】

胃カメラ検診を明日に控えたこの夜、仕事を終えた私は大阪駅前ビル地下に足を踏み入れた。

 

「午後8時以降は絶食」という胃カメラ規則に沿うべく、手早く晩飯を食べねばならない。

 

こういう時に、さっと食べられるカレーはうってつけ。

 

明日は朝飯抜きなので、大盛を食べよう。そう考え、カレー店が多数存在する、このディープな地下飲食店街に、いそいそと分け入った次第。

 

 

 

しかし、意外と営業しているカレー店が見つからない。

 

Googoleマップでは営業中と表示されるのだが、閉まっているお店が多い。

 

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、やはり営業時間を短縮しているお店が多いようだ。

 

さらには「営業中」のプレートこそ出ているものの、店員が内輪のおしゃべりで盛り上がり、事実上閉店状態というお店も。緊急事態宣言中の客足減が、お店のやる気を奪っちゃったのだろうな。

 

その一方で、最近やたら増えた大衆居酒屋的な演出を施した飲み屋は盛況。

 

「緊急事態宣言明け待ってました~♪」とばかりに、新型コロナをあまり恐れないタイプの酒飲みたちで沸き立っている。

 

ま、わたしもコロナに恐怖感はあまり感じないタイプだが。でも、一人で静かに食べるのが好きだな~

 

そんなことを考えつつ、カレーを求め、この巨大立体迷路のような飲食店街をさまよう。

 

そして見つけたのがこちらのお店「葡萄匠屋」。

 

f:id:coregore:20211016092203j:plain

大阪駅前第三ビルの地下2階。サイゼリヤのお隣り(←写真にも看板が反射して映りこんでいる)。

 

入口横のメニュー看板が推す、店名を冠したカレーが「550円」とな。安いな。

 

いつもならこういう筆頭メニューを迷わず注文するのだが、今日は晩飯だ。

 

もっとスペシャル感のあるカレーがいいな・・そう考えた矢先に目に留まったのが、手書きボードがアピールする「季節の味 4種のキノコカレー」。これにしよっと。

 

店内に入ると、モダンでおしゃれな内装。

 

注文はタブレットで行う。キノコカレー、ごはん大盛と選んで注文。

 

そして出てきたのがこちらの大皿。

 

f:id:coregore:20211016092254j:plain

きのこきのこきのこ!

 

お皿は浅いが、かなりデカいぞ。そこにルーがタプタプと注がれている。

 

特筆すべきは、キノコの量だ。

 

しいたけに、しめじに、えのきもいるぞ。ルーの大海はきのこに埋め尽くされている。

 

さて、食べてみると、キュルキュル、ブキュブキュ、キノコの歯ごたえがうれしい。

 

やっぱり、キノコは歯ごたえだよね。

 

そして、さりげなく混じった肉も、いい仕事している。

 

そしてカレーの味わいはというと、濃すぎず、緩すぎず。ややサラサラ寄りだが、いい塩梅。

 

この味が苦手という人はいないんじゃないかな。

 

「週に一度は食べたくなるカレー」がお店のキャッチコピーのようだが、まさにそんな親しみやすさを感じるテイスト。

 

福神漬けが合うので、テーブルの上の小瓶から、いつにもまして大量投入。

 

ボリューム感たっぷりで、満足。

 

でも、具のキノコはカロリーゼロだもんね。

 

「運動もしていないのに、大盛」という小さな罪悪感を打ち消してくれる。ヘルシーキノコばんざい!

 

なお、このお店は肉料理を得意としている模様。そのため、メニューにはガッツリ肉トッピング系のカレーが並ぶ。

 

それらも美味しそうではある。食べてみたいな。

 

でもな~、カロリーが・・

【まったり自転車】やるやんけ! 100均パッチ

前回の【まったり自転車】で、リムテープを交換した話を書いた。

 

その中で、リムテープの劣化が原因で、新品のタイヤチューブを、わずか2日でパンクさせてしまったことについても触れた。

 

このパンクしたチューブ。さすがに捨てるには惜しい。なにせ、穴以外、新品だもん。

 

そうなると、パッチ補修か。

 

そこで、フト思い出した。ずいぶん前、パッチ補修したものの、その後ほったらかしにしていたチューブのことを。

 

 

 

 

 


時は2年ほど前、タイヤが尖った異物を踏みぬいてしまい、短期間で新品チューブに穴があいたことがあった。

 

その時も「チューブもったいね~」と思い、パッチ補修を試みた。

 

まず、普段ツールボックスに忍ばせているパナレーサーのパッチで補修した。しかし、すぐに空気漏れを起こすようになってしまった。

 

f:id:coregore:20211010202248j:plain

これがパナレーサーのパンク修理キット。
白い半透明シートのようなものがパッチシール。薄くて柔らかい。裏に糊もついている。
パンク箇所を添付の紙やすりでこすってならした後に、シールをペタッと貼れば補修完了。
お手軽簡単。その反面、耐久性に欠ける。あくまで応急処置用品といった感じだ。
ちなみに Made in USA

 

▼ 一応、Amazonリンクも貼っておこう。

 

 

そこで、当時、たまたま100円ショップのCAN★DOで見つけたパンク修理キットを試してみた。

 

f:id:coregore:20211010202521j:plain

パッチ各種に、ゴム糊チューブ。定番の紙やすり片。
さらに金属製のタイヤレバー等まで付属。これで100円は安いな。
(ちなみに写真は購入当時撮影したもの。今も同じものが売られているかは不明。)

 

こちらは、ゴム糊でパッチを貼り付ける本格的なものだ。パッチも厚手で丈夫そうだ(材質はちょっと硬め)。

 

チューブからパナレーサーのパッチを除去し、100均パッチを貼り付けた。

 

100均パッチがロードの高圧に耐えられるのか不安に思いつつ、ゆっくり空気を入れたが、漏れは見られない。

 

「これ、使えるんじゃないか?」一時はそう思った。

 

しかし、たまたま同時期に、ある自転車本で「ロードバイクタイヤチューブは、パンクしたら新品に変えるのが無難」という記述に遭遇してしまった。

 

融通無碍な私は「安全性にかかわるものだし、やっぱり新品を使うべきかな」と考えを変更。100均パッチで補修したチューブは使わずじまいで、ツールボックスの奥で眠ることになった・・。

 

 

 

 

 

あれから2年。このたびのリムテープパンクで、上記の100均パッチのチューブのことを思い出してしまった。

 

まず、試しにそいつを使用してみよう。そして大丈夫そうなら、件の2日でパンクしたチューブも100均パッチ補修しよう。

 

そう考え、ツールボックスの奥で2年間眠っていた補修チューブを引っ張り出た。

 

f:id:coregore:20211010203131j:plain

あれから2年。パッチははがれることなくしっかりと貼りついている。

 

そしてロードの前輪に装着。

 

空気を入れると、しっかりと高圧まで入る。

 

これ、いけるんじゃね?

 

そして、おそるおそる近場を走ってみたのが先週のこと。

 

問題なかった。

 

そして、今日は60㎞程度の距離を普通に走ってみた。

 

いけるいける。

 

100均パッチ、やるやんけ!

 

 

この100均パッチ補修、どの程度持つのか、このまま様子を見つつ乗り続けよう。

 


(※注意:まだまだ実験中なので、決して100均パッチを推奨しているわけではありません。特に高速走行を専らとする人は、危険性を伴う可能性があるので、マネしないほうが良いと思う。)

【立ち寄りカレー】【尼崎】カフェ・ド・パセリ <食べ日:2021年10月2日(土)>【武庫之荘】

カレーを探すのに、Googleマップは非常に役に立つ。ただし、完璧なものではない。

 

というのも、カレーを供するお店は、カレー専門店に限らないからだ。

 

カフェ飯としてのカレーもあれば、居酒屋がランチメニューとして用意しているケースもある。

 

Googleマップの検索だと、そこまで拾えていないケースも多い。

 

しかし、それゆえ、自転車ポタリングや、散歩の途中で、見知らぬカレーに出会える楽しみもあるというものだ。

 

 


さて、この日、私は武庫之荘の町を歩いていた。

 

以前、武庫之荘に住んでいた関係で、時折今でも同地を訪れることがある。

 

土地勘のある町をブラブラ、「2000本のバラ園」で有名な大井戸公園を抜けた先で、店先に掲示された手作りメニュー看板の写真が目に留まった

 

「あれに見えるは、カレーではないか・・」

 

f:id:coregore:20211009141913j:plain

私は眼鏡をかけていても低視力だが、カレーの写真は不思議と見分けることができる。

 

近づいてみると、やはりそうだ。

 

f:id:coregore:20211009142411j:plain

カフェとはいうが、まるでレストランのような品ぞろえ。カレーメニューも複数あり、期待できそうだ


お店の名前「Cafe de PASERi」にあるように、基本的にカフェだが、肉料理に相当こだわりのあるお店のよう。その看板には「当店の牛肉はすべて和牛A5ランクだけを使用しています」と付記強調されていた。

 

 

お昼時には少々早かったので、さらにぐるりと町をめぐり、正午前に戻ってきて入店。

 

普通のビーフカレーもあるが、「特選ビーフカレー」というのが気になる。ここは特選で行こう。

 

コロナ対策ゆえ、入口ドアは開け放たれており、夏の残り香を含んだ初秋の空気が店内にも漂う。

 

カフェらしい空気間にひたりつつ、待つことしばし、真っ白なお皿に盛られたカレーの到着。

 

お肉がコロコロ。深みのある色つや。

 

まるでホテルのレストランで出てくる高級カレーのようだ。

 

f:id:coregore:20211009142612j:plain

見てこれ。まるで、カレー商品のパッケージの写真のよう。絵になる一皿だ。

 

付け合わせはないようだ。カフェランチだもんね。そのほうがこのカレーにはふさわしい気がする。

 

一口たべると、まず、甘味が先にくる。

 

カフェゆえ、万人向けの甘口なのかな、と考えていたが、食べ続けると、甘味の底からじんわりとスパイスが顔を出す。

 

そして、だんだんとスパイシーテイストが表に出てくる感じ。

 

しっかり煮込まれた褐色のルーの中に泳いでいるビーフは赤身。噛むとホロっと崩れる。しかし、柔らかすぎず、牛肉らしい噛み心地を残し、肉本来のうまみが味わえる。

 

本格ビーフカレーでありながら、それとなく切れ味鋭いスパイシーパンチを効かせている。

 

印象に残る一皿であった。

 

 


こういう未知の強豪にフト出会えるのも、カレー巡りの一つの楽しみだよね。

 

 

【まったり自転車】リムテープ・・ そんな奴いたか? 【ピンとキタ!見た!買った】

シルバーウィークの最終日、ロードバイク鈴蘭台方面に出かけた。

 

鈴蘭台は坂の町。細かく上り下りを繰り返した後、帰途に就く。そこまでは順調であったが、自宅近くの何でもない坂を下っている途中、ハンドルの効きが急に悪くなった。

 

ああ、これはパンクだな。ハンドサインを出して、路肩に自転車を止める。そして、後輪に触れる・・あれ? 後ろのタイヤは大丈夫だ。

 

ということは、問題が生じたのは前輪か。珍しいな。フロントのパンクなんて、記憶にない。

 

とりあえず、自宅まですぐそこだったので、ゆっくり押して帰る。

 

幸い新品のスペアチューブが1本あったので、帰宅後、パンクしたものと入れ替えた。そして、自転車はそのままローラー台にセットして、その日は終えた。

 

 


さて、その2日後であったか。テレワークの合間にローラーチョイ乗りを交えつつ、自宅で仕事をしていたところ、背後から突如 バフン!という破裂音がして、椅子から飛び上がった。

 

振り返ると、ヒューーーーーーー という音とともに、自転車が前のめりに沈んでいくのが目に入った。

 

ええっ!? また前輪パンク? 新品のチューブに変えたばかりなのに。なんのこっちゃで・・

 

仕事を終えたその夜、ホイールを外して、まずはタイヤの裏側に異物がないか再チェック。チューブ交換の際にも一度行っているが、やはり問題なし。

 

そこで、パンクしたチューブをよくよく見ると、輪っかの内側、つまりホイール側がパンクしている。

 

チューブが直接当たるホイールのリム内側を見ると、スポーク穴の部分が凹み、継ぎ目のリベット頭が浮いて見える。これはリム側に問題があるのでは・・

 

f:id:coregore:20211003193737j:plain

写真だとわかりづらいが、黄色い帯の、スポーク穴に当たる部分が内側にくぼんでいる。

 

早速、ネットで調べてみると、リム内側の表面を覆っている帯状の物体は「リムテープ」という、れっきとした消耗品パーツであることを知る。

 

3年半以上もロードに乗っていながら、初めて知るこの事実。地味パーツ過ぎて、気に留めたこともなかった。

 

なお調べると、リム内側の凸凹からチューブを保護するリムテープは、通常1年程度で取り替えるものだそうな。知らぬまま、極限まで使い倒してしまったってことだな・・。

 

 

 

そうと分かれば、リムテープ新調すべし。

 

さて、新たなリムテープを買おうとしたが、700C用とはいえ、リムテープは思いのほか幅のバリエーションがある。元のリムテープを外して、幅をチェック。うむ18mmか。

 

f:id:coregore:20211003193721j:plain

ちなみに、最初勘違いして、ホイールに記載のETRTO(エトルト)規格 622-14 を見て、「リム内幅14mmてことは、リムテープ幅も14mmでいいのかな」と思い込み、あやうく間違ったサイズを買うところであった。エトルト関係ない。元からついていたテープ幅を測るのが確実。

 

さて、リムテープ、思いのほか安い。一般的なシュワルベの青いリムテープは二百数十円。

 

 

そして新たなリムテープをパッケージから取り出して観察。

 

ふむ、リムテープは元から輪っか状になっているんだな(バルブ穴のところでテープの両端が接合されて輪になっている)。テープとはいっても、裏に糊はついていない。

 

f:id:coregore:20211003194254j:plain

新旧どちらのリムテープも、バルブ穴のところでテープの端どうしが貼り付けられ、輪っかになっている。これが一般的な仕様なのだろう

 

新旧リムテープは素材からして結構違う。新品のシュワルベ品(青)は、軟質の肉厚プラスチックといった感じ。

 

元からついていたノーブランド品(黄)はペラペラ。なんだか梱包作業で使うPPバンドに似ているw

 

f:id:coregore:20211003194039j:plain

一見安っぽくても、3年半もチューブを保護してくれた黄色テープは、意外と実力派なのかもしれない。これまで頑張ってくれてありがとう。

 


さて、早速交換作業だ。

 

元からついていた黄色のリムテープをマイナスドライバーをつかって外す。端からテープをめくり上げれば割と簡単に外れる。

 

そして、新たなリムテープの穴を、ホイールのバルブ穴と合わせてリムにはめ込む。そして作業中に位置がずれないように、ドライバーを穴に差しこんで位置決めをしておく。

 

f:id:coregore:20211003194050j:plain

こうしておかないと、作業中に位置がずれたりする。

 

あとはリムテープをホイール外周に沿う形で、パコパコとリムにはめていけばOK。特に難しくはない。

 

最後に、リムテープにズレやヨレがないかをぐるり確認し、作業完了。数分で終わる。思ったよりも簡単だった。

 

 

 

もちろん、後輪もリムテープ交換。

 

ここ1年以上パンクこそしていないが、外したチューブの内側は、よれよれのペコペコ。これはいつ穴が空いてもおかしくない状態であった。

 

前輪パンクの日は、この状態で坂を何度も下ったのだから、知らないというのは恐ろしいものだな。

 

また、状況と原因を知らぬままロングライドに出かけたら、パンク頻発で、出先で途方に暮れていたかも。

 

なにせ、リムテープが古くなっていると、新品のチューブですら、すぐにパンクしてしまうのは経験実証済みだ。

 

今回、新品チューブ1本分程度の損害ですんだのは、むしろラッキーだった。

 

 

リムテープいろいろ(ホイールサイズに加えて、幅16mmや17mmなど、幅のバリエーションが細かいので、十分注意して購入しないと間違えそう)。