まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【へっぽこ投資】コロナバブル!

投資方面で、最近 コロナバブル というヘンな言葉が聞かれるようになってきた。

 

 

 

3月にコロナクラッシュを見せた日経平均等の株価インデックスチャートは、その後、見事に急回復。

 

クラッシュ直後は、「リーマンショックの再来」「戦後最大級の景気低迷」といった悲観論が、経済・投資方面にはあふれていたが、いまでは様相がガラッとかわった。

 

(経済評論家やアナリストのいうことなど、ホントあてにならないな~。)

 

 

もっとも、クラッシュ前が非常に高い水準で推移していたため、株価が元通りになってわけではない。

 

では、なぜバブルと評されるのかというと「とても儲けやすい状況が現出しているから」ではなかろうか。

 

なにせ、クラッシュ時には、(あまり好きな表現ではないが→)「味噌もくそも一緒」に売られた。

 

遠隔医療など、むしろ新型コロナへの対応に必要な事業を行っている会社の株も一気に売られてしまった。

 

当然ながら、それらの株はリバウンド期に入ると急回復。ストップ高もあちこちで見かけた。

 

それらが先鞭となり、売られ過ぎの株が一気に買われるようになった。

 

いまでは、割安に甘んじている銘柄を探すのに苦労するほど。


ただ、まだ未回復株は残されている。そんな銘柄を丁寧に拾っていきたい。

 

 

例えば、ディフェンシブ銘柄の定番、大手総合商社などはまだ回復には遠い。原油安や米中摩擦が嫌気されているのだろうが、少なくとも前者はコロナ禍が治まれば回復するわけで、ねらい目ではないか。

 

また、近年元気のなかったメガバンクも要チェック。日銀が緩和策を推し進めても、肝心の借り手がいないという状況で苦しんでいたが、新型コロナで事業運営が困難になった企業から、当面の運転資金として巨額の借り入れが相次いだ。銀行にとっては、久々の稼ぎ時到来ではなかろうか。

 

さらには、「新しい生活様式」「ウィズ・コロナ」を支える、内装系の会社にも大注目。

 

 

残り物には、福がある♪