まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【まったり自転車】瀬戸内海と日本海をペダルでつなぐ旅(即日メモ)

新型コロナの緊急事態宣言も解除され、また感染者数もこのところ各段に減少。

 

とはいえ、寒くなると、また感染が拡大する可能性は捨てきれない。

 

そう、自転車旅に出かけるなら、今しかない!

 

時は来た!

 

そう考え、この週末、以前から検討していたプランを実行に移すことにした。

 

そのプランとは、国道175号完全走破。

 

明石から西神戸を北上する、おなじみの国道を、終点の舞鶴まで走り切ってみたい・・そう考えた次第。

 

うまくいけば、夜明けの明石の海を眺め、そして、暮れゆく舞鶴湾を望むことができる。

 

そんなロングライドができれば最高だな。

 

距離的には、140㎞もないくらいだ。

 

イケるイケる。

 

そう考えて、昨日11月20日(土)に、いざ、ライドにトライ。

 

そして実際に、朝の明石海峡を眺め、夕闇迫る舞鶴湾を臨むことができた。

 

本来なら、達成感に包まれてもよいはずだ。

 

しかし、いろいろと反省点の多いライドになってしまった。

 

そもそも、幸先が悪かった。

 

始発電車で明石に出向き、輪行解除したところ、ボトルを忘れているのに気付いた。

 

これがケチのつけ始め。

 

仕方なく、大き目のペットボトルをケージに押し込んで対応した。

 

f:id:coregore:20211121215226p:plain

無念のペットボトル刺し

 

その後もちょこちょこと問題が。

 

なお、完走後は舞鶴で一泊。そして今日は舞鶴から綾部までのオマケ的なライドをこなして、輪行で帰ってきた。

 

さすがに疲れた。

 

詳細は後日、記事にまとめるとしよう。