まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【神戸カレー】ニュータンバ <食べ日:2021年11月6日(土)> 【春日野道】

春日野道。

 

神戸の中心街である三宮から、東へ川一本隔てたエリア。

 

たいして距離は離れていないが、街の景色はがらりと変わる。

 

ガヤガヤした商店街は、下町パワー爆発。

 

そして、大手資本が入らない、こういう街にこそ、個性的なお店が生息する。

 

今回訪れたカレー店もそうだ。

 

商店街からちょっと逸れたあたりに、まわりの景色に溶け込むように、そのお店はある。

 

f:id:coregore:20211118222710j:plain

赤いオーニングテントに黄色い看板。
見た目決して地味ではないのだが、街並みにすんなり馴染んでいる。

 

なんだか昔からある、地付きの喫茶店といった雰囲気だ。

 

しかし、その実態はというと、ニューウェーブなカレーが看板メニューなのだ。

 

お店に入ると、まず目に付くのはテーブル。

 

これは・・なつかしのテーブルゲーム機ではないか。

 

いきなり昭和な空気感がお出迎え。

 

席に着き、おちついてまわりを見ると、カジュアルでレトロ感あふれるデコレーションがそこここに。

 

瀟洒なオシャレトロなのか、懐かしのガチレトロなのか、判然としないが、その混沌とした雰囲気もまた楽し。

 

そしてカレーだが、キーマを定番とし、その一方で日替わりのカレーもある。

 

さらには、その2種のあいがけもある。

 

これはもう、あいがけで行くしかないだろう。

 

ビートを効かせる60'sロックのBGMを聞きつつ、注文したカレーを待つ。TAX MAN~♪

 

そして、やってきました、お店自慢のキーマカレーと、本日のカレーである「麻婆豆腐カレー」のあいがけカレー。

 

f:id:coregore:20211118222807j:plain

見た目は、カフェ系のオシャレカレーだよな~。

麻雀テーブルゲーム機とのギャップがおもしろい(※普通のテーブルもある)。

 

キーマはあらびきスパイシーといった感じ。細かく刻まれた香味野菜・スパイスがキーマの中に散らばっている。それぞれが個性を主張し、いろんな味が飛び出す。

 

まわりの付け合わせも一緒にほおばれば、さらにカラフルなテイストに。

 

気になる麻婆豆腐カレーは、中華と印度、似て非なるもどうしがタッグを組んでのツープラトン攻撃。

 

それぞれ我が強いタイプなので、仲間割れしないか心配であったが、意外と相性が良い。

 

一皿でいろいろな味が楽しめる。まさに「味のおもちゃ箱や~」

 

帰りはレジで飴ちゃんをもらう。

 

下町らしさとモダンさがガヤガヤと融合した、じつにこの地にふさわしいカレー店であった。