まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【神戸カレー】いっとっ亭 <食べ日:2022年3月12日(土)> 【三宮】

神戸カレーのメッカ、センタープラザ地下の飲食店街。

 

そのメインストリートというべき地下通路は、いつも人でにぎわっている。

 

観光客と思しき人も多い。

 

ただ、メインストリートから逸れる小道に入り込むと、急に人通りがまばらとなる。

 

しかし、そういう場所にこそ、ジモティが利用するお店があったりするのだ。

 

今回訪れたカレー店「いっとっ亭」もそう。

 

f:id:coregore:20220326192737j:plain

関西弁の中でも、神戸弁は「たちつてと」が跳ねるのが特徴。「行っといて」は「いっとって」。店名からして神戸色ゆたかなカレー屋さん。

 

 

さて、いっとっ亭といえば、量である。

 

ここの普通盛りは、一般的なお店の大盛程度の量はありそうだ。

 

そして、恐ろしいことに、大盛無料なのだ。

 

席につくなり、まず、ご飯の量を聞かれる。

 

ここで「お得やね」と軽く考え、うかうかと大盛を注文してしまってはいけない。

 

年齢を重ねてキャパの落ちた我が胃袋を考慮し、ごはんの量「普通」で、ビーフカレーを注文。

 

ちなみに、メニューはビーフカレー(+いくつかのトッピング)しかない。

 

f:id:coregore:20220326193448j:plain

ビーフカレー一本で勝負。ポスター手書きの文字にも味がある。

 

何年か前までは「大盛」だってイケたのに・・少々さみしい思いをかみしめていたところに、カレー到着。

 

お皿いっぱいに広がるカレー。カウンター内から受け取ると「む、重い」と感じる。

 

さて、量が多いのはカレーだけではない。

 

付け合わせの種類が豊富。

 

4つの小瓶が「どんどん好きなだけお取りください」と、私を誘う。

 

f:id:coregore:20220326192442j:plain

にんじん、きゅうり、福神漬け、らっきょう。カラフルな付け合わせオールスター。
さらには、キャベツの千切りサラダまでついている。

 

ごはんの量が多いので、付け合わせも、たっぷりカレーに投入できるのがうれしい。

 

広がるターメリックライスの原野の上に、色とりどり、全種類投下。

 

ビーフはカタマリではなく、煮崩れ系。

 

ほろほろと細かく崩れた肉が、ルーのあちこちに絡まっている。あからさまに肉々しさを主張しない。

 

それだけに、かえって付け合わせの風味がビビッドに感じられる。

 

たくさん乗っけた付け合わせは、もはや一種のカレーの具である。

 

ガツガツ、ワシワシ、モリモリ。

 

「具」のシャキシャキした歯ごたえを味わいつつ、ガッツリ食べるのが似合うカレーだ。