まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【神戸カレー】炭火焼鶏 芙美 <食べ日:2021年7月4日(日)> 【三宮】

ここ兵庫県においては、去る6月20日に緊急事態宣言が解除されたとはいえ、飲食店に対する規制は継続中。

 

一連のコロナ禍において、撤退・廃業してしまったカレー店も見られる。寂しい限りだ。

 

その一方、この異常事態の副産物として、新たなタイプのカレーに出会う機会も生まれている。

 

例えば今回取り上げるこちらのお店「炭火焼鶏 芙美」。

 

名前から分かるとおり、カレー専門店ではなく、本業は焼き鳥屋さんだ。

 

大昔から存在する、JR三ノ宮駅から新聞会館ビルへと伸びる、短い地下通路の飲食街(今ではm.kiticinというこじゃれた名前になっている)。その一角にある。


この地下道を通りがかった際、店頭看板に貼られた「カレー丼」の手書きメニューが目に入り、ふと入ってみた次第。

 

f:id:coregore:20210716233005j:plain

見えるかな?カレー丼の手書き看板

 

居酒屋系のお店は、営業時間の時短要請・酒類提供制限の影響が大きく、そのリカバーとしてランチ営業に力を入れているケースが多い。

 

今回目にしたランチ営業用のアピールが無ければ、たとえメニューにカレーがあったとしても、気付くことなく素通りしていただろう。

 

新たな形でのカレーとの出会いが生まれている。

 

そして、出てきたカレー丼がこちら。

f:id:coregore:20210716233105j:plain

たっぷりタプタプのルー、丼を覆うだしまきたまごが、なかなかの迫力!

 

小鉢でサラダと付け合わせが色々付いている。

 

食べてみると、まったり甘口。ふわふわ玉子に合うね。

 

福神漬けではなく、紅ショウガがそえられているのも、ちょっとしたポイントだ。

 

ルーはさすがに、カレー専門店のようなオリジナリティある味わいではない。

 

煮込みあげたカレーソースの深みで勝負するのではなく、お店の既存の得意技と組み合わせる形で、独自のカレーメニューを創出している。そして、これはこれで美味しいのだ。

 

カレーときゅうりの浅漬け、ほうれん草という組み合わせも、カレー専門店では味わえないだろう。

 

これまで視界に入っていなかった「専門店以外のカレーメニュー」。

 

今後食べる機会も増えるのではないかと感じた。