まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【神戸カレー】JIROBE 【元町】 <食べ日:2022年8月21日(日)>

三宮から、元町方面へと歩を進める。

 

元町のアーケード大通りから一本北側に逸れた道を歩いていた時のこと。

 

突然、カレーの写真をあしらった立て看板が目に入った。

 

ほう、こんなところに、カレー店あったっけ。

 

看板を出しているお店を見ると、こじゃれた感じの、木目調のドアが目に入った。

 

小さい間口ながら、こだわりの美意識を感じさせるファサード

 

ちょうどお昼を食べようかと思っていた頃合い。ドアのノブに手をかける。

 

昨日も昼飯に、甲子園口でカレーを食べたばかりではあるが、まあよかろう。

 

カレーというのは、不思議と、続いても飽きることのないメニューだ。

 

さて、中に入ると、カウンターテーブルが奥に向かって伸びる、シンプルなレイアウト。

 

調度もスッキリとした感じ。店内を明るい照明が照らす。

 

ビーフカレーを注文。

 

ここ数日、やや食べすぎの感があるので、量は「並」で。

 

この週末は雨が散発的に降るので、自転車に乗るタイミングを失ってしまった。運動していないのに、大盛はちょっとね・・そんなことを考えつつ、カレーを待つ。

 

そして、到着したのがこちら。

 

白いシンプルな丸皿に、スッキリまとまったビジュアルのカレー。

 

付け合わせの、きゅうりとキャベツのピクルスが、まず目を引く。

 

テーブル上の食器入れからスプーンを取り出し、まず一口。

 

ややさらさら寄りのルーは、味もスッキリ、フルーティー

 

辛味は抑えて、しかし甘口でもなく。

 

それでいて、やさしく、明るく、ソフトな味わい。

 

するすると食べられる。

 

そしてこの味わいは、付け合わせのピクルスにしっかり合う。

 

そして、ちょこんと乗ったビーフもイイ感じにやわらか。

 

ああ、やっぱり大盛にしておくんだった~~。プチ後悔。

 

お店のイメージと、カレーのビジュアル、そして味がピッタリ一致。

 

シンプルな美意識を感じさせるお店、そして一皿であった。