まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【まったり自転車】ペダル傷は痛い ~ そして湿潤療法の経過観察 【ピンとキタ!見た!買った】

痛 ッ ッ ツーーー!!

 

 

ああ、またやっちまった。

 

先週末、出がけにロードバイクを押し歩きしている際、ペダルに脚がカッツン!と当たってしまった。

 

うう・・当たりどころが悪く、ペダルのギザギザが皮膚に直撃。

 

f:id:coregore:20210905194956j:plain

コイツが恐怖のギザペダル。こうして見ると、缶切りみたいだな。

 

これは、血が出てるんじゃないか・・

 

そう思ってロングパンツの裾をめくってみると、左ふくらはぎの内側、2cmにわたり表皮がパックリと割れて中の肉が見えている。

 

そこからソックスに向かって血がタラ~~

 

ああ、いやだいやだ。

 

これまでにも同様の「ペダル傷」は何度か負っている。

 

しかし、今回はライドの出がけに傷を負ってしまった。出鼻をくじかれ、ゲンナリ

 

放っておくわけにもいかないので、いったん部屋に戻り、傷口にドルマイシン軟膏(市販の抗生物質入り軟膏)を塗り、その上からテーピングをベタベタ。

 

応急処置完了、気を取り直してライドへ出発。

 

▼ 気軽に買える外用抗生物質ドルマイシン軟膏」。手元にあれば安心。

 

 


そして、ライド中、ペダルを漕ぎつつ考えた。

 

何度も同じことを繰り返すというのは愚かではないか、と。

 

ロードのフラットペダル(元から完成車についていたもの)は、滑り止めとして、表面に鋭利なギザギザがついている。

 

そして、私はきわめて皮膚が弱い。

 

この組み合わせが最悪なのではないか。

 

皮膚は替えられないので、ペダルを替えるべきではないか?

 

このロードバイクに乗り続けて3年半、何度もふくらはぎに傷を負い、ようやくそのことに思い至った。早く気づけよ。

 

これを機に、ペダルを刷新しよう。そう誓った。

 

 


さて、ペダルの選択についてはおいおい検討するとして、まずは帰宅後、すぐに傷の対応をせねば。

 

なにせ、歴代のペダル傷の中で、今回が最もひどい。

 

医者に行くほどではないが、できる範囲で最適な対応をしておくべきであろう。

 

そう考えた私は、ライド中にドラッグストアの「スギ薬局」に立ち寄った。


そして、本格的ぽい「湿潤療法」を謳う絆創膏を購入した。

 

箱書によると「湿潤療法」は医療機関で使われており、早くきれいに治るらしい。

 

このタイプの絆創膏、存在は知っていたが、使うのは初めてだ。だってチョイ高いし。

 

 

 

 

 

さて帰宅後。

 

出がけの応急処置で、傷上から貼り付けたテーピングを慎重にはがす。体毛が引っ張られる。痛い。

 

さらには、その分皮膚が余計に引っ張られ、傷口が広がり、止まっていた血が再び滲みだす。

 

ロードレースの選手が、脚の毛を剃る理由の一つとして「ケガを負った際の処置のため」と言われているが、なるほど毛は邪魔だ。

 

さて、はがした後に、いよいよ湿潤療法の絆創膏をペタッ(説明書によると、消毒液などは使ってはいけないらしい)。

 

一般的な絆創膏と違って、シートの裏面全体に薬剤が塗られており、ぽってりとした質感だ。

 

f:id:coregore:20210905154813j:plain

値段は高くて箱はでかいのに、ちょっとしか入っていない・・
ちなみに左のスギ薬局PB品(4枚入)はアメリカ製、右のBAND-AIDブランド(3枚入)はハンガリー製と国際色豊か。

 

さて、その後経過を見ていると、傷にあたる部分が白くプヨプヨと膨らんでくる。

 

f:id:coregore:20210905154931j:plain

説明書のイラストにも「白く膨らむ」と書いてある。
イラストはきれいに描いているが、もっと不気味にブヨブヨ膨らむ。

 

日がたつにつれ、プヨプヨ部分はどんどんでかくなる。

 

説明書には2~3日で幹部経過を見よとあるので、その後いったんはがしてみると、プヨプヨ部分はゲル状になっている。絆創膏裏面の薬剤が、傷から出る体液を吸ってブヨブヨになるのだろう。これが湿潤療法の肝なんだろうな。

 

傷の状態は・・う~ん、あまり変わってないような。

 

そして、その後再び新たなパッドを貼り直しを経て、現在もセルフ治療中。

 

期待したほど治りは早くないかなあ。

 

湿潤療法」への期待値が高すぎたかも。

 

あるいは、自分の体の回復力が落ちてきているのか。

 

俗に「若者の体の傷はすぐ直るが、心の傷はなかなか癒えない。年老いたらその逆」といわれる。

 

私もだんだんと後者に近づいているんだな・・

 

 

▼ 絆創膏業界の新トレンド「湿潤療法パッド」

 

本当は、傷を負ったら、すぐに貼るのが良いらしい。

 

いざという時の為に、スマホケースに1枚忍ばせておこう。