まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【神戸カレー】ひまわり <食べ日:2022年2月19日(日)> 【板宿】

その土曜日、私は板宿に赴いた。

 

板宿といえば、神戸市営地下鉄山陽電鉄、双方の駅があり、ちょっとした交通の要衝だ。

 

そして、駅から北へとのびるアーケード商店街が板宿の象徴といえる。

 

小規模ながら、とくに土日は賑わいを見せる元気な商店街だ。

 

しかし、板宿の町のひろがりは、商店街にとどまらない。

 

古くからある町なので、駅の南側の裏通りにも、おいしそうなお店がそこかしこに散在している。

 

今回訪れたカレー店「ひまわり」もそうだ。

 

f:id:coregore:20220226195437j:plain

商業地というよりは、住宅街の色合いが強い。そんなエリアにひっそりと存在する
(雨天での撮影になったのが残念)。

 

事前の調査によれば、カレー専門店ではなく、カレーを目玉とした食堂のようだ。

 

お店に入ろうとすると「今日はカレーセットのみなんですが・・」女将さんに言われる。

 

もしかしたら、土曜日はカレーのみという営業スタイルなのかもしれない。

 

しかし、カレーのみで、なんの異存があろうか。

 

迷わずカレーセットを注文する。

 

まず出されたお茶を飲みつつ店内観察。

 

お店の中は、家庭的なうどん・蕎麦屋さんに近い雰囲気。

 

奥の厨房で大将が調理している。ご夫婦二人での経営なのだろう。

 

客層はきっぱりシニア。おばちゃん~おばあちゃんの社交場という色合いを感じる。

 

そして出てきたカレーがこちら。

 

f:id:coregore:20220226195623j:plain

ルーの照り具合、野菜の煮込まれ具合。おいしいに違いない。

 

サラダ、コーヒー付き。

 

付け合わせはらっきょう。

 

さらに、デザートとして、アルファベットチョコレート2ケが華を添える。

 

さきほどのお茶とは別に、グラスでお冷も供された。

 

この内容で、なんと500円!素晴らしいコスパだ。

 


さて、カレーは「お母さんの味」としか言いようのない、家庭カレーだ。

 

黄色いルー。

 

そこから顔をのぞかせる大きな野菜。

 

しっかり煮込まれ、スプーンでほろっと崩れる大きなジャガイモ、いいね~。

 

辛さ、スパイシーとは対局にある甘口カレー。

 

食べてほっこり。

 

癒しのカレーであった。