まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【まったり自転車】シェア自転車とスマホバッテリーの抜き差しならぬ関係

まだこの話題を引っ張るか! 今回も「ごく近場自転車旅行」関連の話なのだ。

 

▼ こちらが旅行記(?)の本編

matapato.hateblo.jp

 

土曜日の昼過ぎに、ハローサイクリング(以下、ハロサイ)のシェア自転車を放出(はなてん)のポートで借りて、気の向くままテキトーにペダルを踏み、大阪の町を走ったことはすでに書いた。

 

そのライド中に「今、どの辺だろ」ふとスマホで地図を確認した。ほう、喜連瓜破(きれうりわり)の近くか。そろそろ方向転換して宿に向かうか。

 

そこで気が付いた。

 

スマホのバッテリーが残り5%であることに。

 

むむ。これはやばいぞ。

 

ハロサイ自転車を返却する場合

 

近くのポートをスマホで探す → 返却可能かを確認 → 返却予約をして自転車をポートに持ちこむ

 

という流れを取る。

 

この日の宿泊地は難波方面(日本橋駅付近)なので、宿への道順と、宿近くのポートの有無をスマホでざっくりと確認。そして、バッテリー温存のため、スマホをシャットダウンした。

 

大阪の南部は馴じみがないが、カン頼みで走り、どうにか地下鉄の日本橋駅にたどり着く。

 

「さて、近くのポートの返却予約をするか」と考え、スマホを立ち上げる。画面が表示された時にはバッテリー残量3%。相当やばいぞ。

 

とっととハロサイアプリで、駅近隣の返却可能ポートをみつけ、返却を予約した。

 

そして、該当のポートを探したが、見当たらない。どこだどこだ? おなじ街角を何度もぐるぐる。

 

30分以内に返却できなければ自動的に予約は取り消される。その時にはバッテリーは死に絶えているであろう。焦る。

 

ようやくビルの谷間にポートを見つけ、返却完了した時には心底ほっとした。

 

▼ この小路の奥がポート。わかんねーよーーー!

f:id:coregore:20200705121601j:plain

コインロッカーに、激安50円ドリンク自販機。設備は充実?

 

さて、一泊したのちの日曜日は、同じポートで自転車を借りて、難波から伝法(でんぽう)まで走った。

 

ウォーターフロントエリアなので、大きな橋をいくつも越えるルートになる。電動アシスト自転車をスロープ押しのぼり。うう、重い。

 

f:id:coregore:20200705121626j:plain

スロープ走行は禁止なので、手押しで上るが、とにかく重い。電動アシスト自転車の弱点見たり。

ゴールの伝法川河口に到着し、そして、近くの返却可能ポートを探した。西九条駅方面に見つかったので、そちらに向かう。

 

阪神西九条駅出口そばにポートが見つかった。

 

ここには「横から爪ガッチャン前輪固定方式」の駐輪場があり、その一部がハロサイポートになっている。

 

ガッチャンと前輪ホルダーに自転車を突っ込み、付属端末のボタンを押して、返却手続き完了・・と思いきや、「通信エラー」と表示が出て、返却できない。何度やっても同じ。おいおい。

 

やむなく、スマホからハロサイのサポートダイヤルに電話をかけた。

 

オペレーターから、確認のため、ポートの場所や、ポートに残っているシェア自転車の番号などをあれこれ聞かれ、その後ようやく返却完了。やれやれ。

 

そこで思った。このエラーが昨日の返却時に起きていたら・・

 

それこそ、充電可能なカフェ等をスマホなしで探すか、今時見かけない公衆電話を見つけに走らないといけない。結構めんどくさいことになっていたと予想される。

 

 

結論。シェア自転車の利用時は、念のため予備バッテリーを!