まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【まったり自転車】子供用日焼け止めクリームを甘くみるでない【ピンと来た!見た!買った】

近畿圏は既に梅雨入りしているそうだが、週末は青空が広がった。

 

自転車で近場を走ってみるかと思い立ち、身支度。

 

朝から気候さわやか。しかしこの季節、紫外線は意外と強い。日焼け防止に気を付けねば。

 

 


私は皮膚が極めて弱く、ロードバイクに乗るときは一年通して長袖だ。

 

夏とその前後は、以前このブログでも取り上げた、モンベルの「サイクール ロングスリーブジップシャツ」を着ていく。

 

▼ 夏用の長袖 MONT-BELL サイクール ロングスリーブジップシャツ

matapato.hateblo.jp

 

グローブは、同じくモンベルの「ステンレスメッシュ サイクルグローブ」。これなら指先まで、極力日焼けを抑えることができる(万一落車した時も、指先までおおわれていればダメージも少なかろう)。

 

▼ 夏用のグローブ ステンレスメッシュ サイクルグローブ

matapato.hateblo.jp

 

もちろん、足もロングパンツでしっかり覆う。

 

モンベルの・・と続けたいところだが(実際にモンベルのロングタイツも持っているが)、近場ライドではROCKBROSのカジュアルなパンツを用いることがほとんど。

 

▼ 適度にゆったりしている。そして涼しい。

matapato.hateblo.jp

 

問題は顔面。そして首回りだ。

 

長時間のライドであれば、念のためUVカットフェイスカバーを着用すべきだろう。

 

しかし短時間のフィットネス的なライドであれば、日焼け止めクリームで良いかな。

 

普段使っているクリームは子供用の「ビオレ さらさらUV のびのびキッズミルク」。なにせ皮膚が弱いので、極力肌にやさしいものを選んでいる。

 

f:id:coregore:20210530202832j:plain

これ。肌にやさしい乳液タイプ。弱酸性・無香料・無着色がうれしい。

 

しかし、子供用といって侮ってはいけない。効能はしっかり、SPF50+ / PA++++(いずれも日焼け止め基準の最高ランク)。

 

もちろんウォータープルーフ、さらには石鹸でおちる!

 

 

この黄色いボトルからブニュブニュっとクリームを絞りだし、てのひらに溜めて・・・そのままなにも考えずに顔面にバシャッ!

 

ああ、また失敗した~!やってもた~~!

 

顔を洗う習慣的な動作で、意識していないと、つい顔の真ん中にバシャッとやってしまう。

 

日焼け止めクリームって、目の周りや、目から上(つまり、眉毛やおでこのあたり)に塗ると、汗で流れ落ちてきて、目に入る。

 

すると、目にしみて、めちゃめちゃ涙が出てくる。

 

かつて、ライド出発後、しばらく走ってから涙が止まらなくなり、路肩で立往生したことがある。

 

そもそも目のまわり、およびその上部は、アイウェアとヘルメットで隠れるので、クリーム塗る必要無いんだよね~。

 

顔面は、アイウェアから下の部分を塗れば十分なんだ。

 

そのことを経験から学習したはずなのに・・習慣的な動作って、恐ろしいね(←普段、なにも考えずに感覚と習慣だけで行動しているタイプ)。

 

不要な部分のクリームを丹念に落してから出発。

 

でも、次出かけるときも、ついやっちゃうんだろうな~~