まったり巡行

自転車も投資も、まったり、ゆったり。

【立ち寄りカレー】【姫路】カレーハウス セリカ<食べ日:2021年9月25日(土)>【京口】

墓参りで訪れた姫路。

 

ついでに、市内をご当地シェア自転車「姫ちゃり」でポタポタ。

 

そして、事前にチェックしていた「カレーハウス セリカ」に、計画通りお昼時に到着。

 

f:id:coregore:20211002215235j:plain

事前にネット上でチェックしてきたので、その特徴的な外観は知っていた。
でも間近で見ると想像以上にデカくて迫力ある。

 

人目を引かずにはおれないトンガリ屋根。壁面には大きく「coffee」「curry」とある。これは両方味わわねば・・

 

そんなことを考えつつドアをくぐると、中はこれぞまさしく昭和の喫茶店

 

静かなブームとなっている「昭和レトロ」「昭和ノスタルジー」といった演出チックなものではなく、昭和の時代から、そのままナチュラルに年月を重ねて今に至る・・といった感じ。

 

採光の窓はごく小さく、照明も抑えぎみ。

 

年季の入ったインテリア。

 

BGMはクラッシック。

 

昭和の喫茶店らしく、たばこのにおいが店内にうっすら沁みついている。

 

当時の喫茶店文化をそのまま今に伝える、貴重な店舗と言える。

 

 


さて、カレーのメニューを見ると、ポークにエッグなど、いくつかある。

 

しかし、ここは筆頭メニューとして記されている「レギュラーカレー」を注文。

 

そして、アイスコーヒーも。

 

店内の空気感に浸りつつ、しばし待つ。

 

そして到着したカレーがこちら

 

f:id:coregore:20211002215216j:plain

スプーンを包む紙ナプキンがいいね。サラダ付き


黄色みがかった、とろみのあるルーが、これまた昭和な感じで郷愁をそそる。

 

「レギュラーカレー」という名称から、プレーンカレー的なものを想像していたのだが、細かな肉が入っている。

 

さらには、煮込まれ、くたっとした玉ねぎ。これがいい。

 

お店の屋根は尖っているが、カレーは尖らず、まったり系(※辛さはプラスできる模様)。

 

福神漬け、らっきょう、いずれもぴったりと似合う。安心してホクホク食べられる味だ。

 

f:id:coregore:20211002215413j:plain

アイスコーヒーはアメリカンといった感じ。切子の入ったグラスもクラシカル。

 

このお店の中では、令和3年ではなく「昭和96年」の時間が流れている。

 

カレーとコーヒーで、おいしいタイムトリップ体験ができた。